Clark Coolidge

アメリカの詩人であるClark Coolidgeの作品を最近読んでいます。

以前、ひとから親和性があるとして紹介いただいたことがきっかけで、いまではおもしろくてしかたありません。

The Country Autumns

But it could not be brought to see what it
could be brought. And the leaves are
away again, teamed. A parent at the
last and a parent in the middle. And
as stones I thought it right.

Two plates, and on the other side all the
forest pieces. The clock says stay.
The books lower the earth, and in gardens
flat stones spin. The volume was of waiting.
Today is today, until the preposition taken up.
Next to the tree sways.

The sky in pieces the leaves part the
leaves piece together. To and from a hand
given all directions. The bark comes from
below. Takes from the books of the moves under
the sky. Speaker holds up the talks held last.
Motors the dust and the yellow syllables.
A slant on which was never here or
only partly.

本を入手したらじっくりブログにまとめたいと思います。


コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中