書評の告知です

もうお話していい頃と思うので告知です。

マーガレット・アトウッド『サークル・ゲーム』(彩流社)の短い書評を書きました。

アトウッドの実質的な第一詩集(=デビュー作)であることも加わって、急ごしらえで著作、インタヴュー記事、講義録、関連書を積んでの作稿でした。長さに関係なく相変わらずご担当のかたに頼りきりでした。

掲載紙は「図書新聞」となります。

無事掲載されましたらまた告知させてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中